2005.11.16 Wednesday

寒気到来-1

428

寒気が流れ込み今週土曜まで冷え込むそうです。
本日、エアコンの冷房を暖房へ切り替えました。
皆さん、お風邪などめしませんようにお過ごし下さい。

写真は、大阪ビジネスパーク辺り、上空から冷たい風が…。
2005.11.15 Tuesday

ウオーターカーテン

414

水のカーテンが夕日に照らされキラキラと輝いていた。
ここは大阪鶴見緑地公園、休日ともなると若いカップルや親子連れの
人達で賑わうが、平日はご年配の人達の憩いの場として親しまれている。
自然光を必要とするCM撮影には結構重宝させてもらっている公園です。

花博記念公園・大阪鶴見緑地の案内

南京はぜ…(-_-;)、もういいわーと怒られそうですが、南京はぜです。
メールを頂き、どんな所でまだ落葉しそうですか…?と、お問い合わせを頂きました。まだまだ落葉しそう、よく見れば緑の葉も残っています。

425
2005.09.29 Thursday

優勝おめでとう…たぶん

339

今日は、2005年9/29日(木曜)です。マジック1です。
そして、もの心ついて3度目の阪神タイガース優勝日です。
(吉田監督・星野監督・岡田監督)
お昼は快晴だったし、夕陽がものすごく大きく綺麗でした。
えっ、只今、3-0で勝ってます。バンザーイ〜!。\(^^)/。
※写真は近所のパチンコ屋さんの看板です。
2005.09.02 Friday

駅前夕景-その2

レール0509

あっという間に9月、そして週末、、、。台風シーズンの到来と共に、北上している大型14号の動向が気がかりです。直撃すれば被害甚大と予想されているらしいです。…(-_-;) タイトルは「駅前夕景-その2」となっていますが夕日に反射したレールをホーム内で撮影。今では立派な高架駅となりましたが、小学生の頃は踏切遮断機のある駅、晴天が続くと砂埃りが舞い上がり口を押さえて電車を待っていました。

電車0509
2005.08.30 Tuesday

駅前夕景その1

駅の風景

電線だらけでグレーの壁ばかりが目立つ街ですが、
夕景だけは少し気に入っています。「わずか数分の電線ショー」

反射する車体
2005.08.25 Thursday

水が流れる地下道

ゆらめく反映

今ではごく当たり前になってしまった都会の親水空間。
初めて "水の流れる広場" として紹介された広告を見た時は興味津々。
地下道を歩いていると優しい水の音が聞こえてきます。(ハービス大阪)

2005.08.19 Friday

カラスの向こう側

南の夜

蒸し暑いテラスに出て会話をする青年、短時間でもマナーを守る人がいる。
2005.08.14 Sunday

アメリカ村

アメ村-2

おっちゃんになってから「アメリカ村」に行くようになりました。
お茶してふと思う、、、「この店で一番年上なのは絶対私だ…」\(^^)/
ライブハウスでふと思う「この店で一番ノリが悪いのは私だ…」 (-_-;)
さあーーー今日は、日米ロック対決、いざ出陣。ヾ(>▽<)ゞきゃー !
2005.08.11 Thursday

夢中になれるもの(アメ村)

ロッカー
ドラマー

夢中になれるものがあるってえのは、とてつもなく素晴らしい事だぜ。
お前達との出逢いは30分、短くても最高にハッピーだったぜー。
(※コメントはノリノリの彼等、TRASH風)。↓-彼等の情報は-↓
アメリカ村でのライブロックは→【KINGCOBRA】公式サイトへGO !
2005.07.16 Saturday

赤い建物

ビル配管

日本の伝統色は、色相・R(赤)〜YR(橙)がきわだって多く使われています。これは日本人が暖色系の民族であり、この色相(朱赤)に深く心惹かれることを示していると言えます。写真の建物はご近所にある駐車場、初めて見た時には驚きを通りこし"あ然&愕然"とした事を覚えています。お昼に見るとこの色は「真っ赤」。それも真夏の季節だった記憶が、、、。寒冷地ボストンやイギリス中北部などでこの色(暖色)に接しても違和感はなく、むしろホッとした気持ちになれるものですが、、、。ところが、先日この建物にフォトジェニックな一面を感じてしまったのです。昼間なら側を通るのもイヤなのですが、建物に朝陽が当たり朱の赤に変わっていたからでしょうか…?。
私が好きな色は青、実はこの色は外国の方が抱く日本人のイメージらしいです。藍染めの青系が影響しているからなのでしょうか…?。緑豊かな美しい国(農耕民族)として緑と答える人もおられるとか…?。独特なカラーを多く持つ不思議な民族という事は間違いないらしい。

ビル配管-2
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
海辺の生物観察図鑑?海辺をまるごと楽しもう!
海辺の生物観察図鑑?海辺をまるごと楽しもう! (JUGEMレビュー »)
阿部 正之
親友の阿部氏の本、夏休みにはもってこいの一冊。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM